admin admin List
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気Blogランキング←くりっく!くりっく!!

さっちゃんちのサワラ情報~♪

サワラちゃん とうとうハイタッチできるようになりました~

samannsa1.jpg


お顔もかわいくなっちゃってさ~

samansa2.jpg


会わないうちにどんどん成長していくね。
サワラがスレンダーなのを気にしていたさっちゃん。
いっぱいご飯あげて デブさんにならない程度にでっかくなれ~ですね。
ぽてと は ややおデブ??かな?? それともこうゆう子??って
先生が悩んでいたっけ。
いつか サワラもどっしりがっしりなラブちゃんになるのかな。
楽しみだね。
そしたら ぽてと と遊んでね~ です。

そして こちらはと言えば。。

麿の抗癌剤投薬後2週間の検査結果は良好でした。
おそらく麿の副作用のピークは投薬後1週間前後かも。。と予想がつきました。
慢性的な貧血はあるものの 本人は好調です。
来週は第二回目の投薬となりそうです。

ホームドクターの先生も
「こんなこというのもなんなんですが 悪性組織球症なのに進行が遅くてよかったですね。。ふつうはこんなのんびりではないから。
完治は無理でも 制癌という形でとどまってくれたら。。」
とつぶやくように言っていました。
これからの数回の抗癌剤投与で画像検査で写らないくらいに腫瘍がなくなるのは期待できるけど なくなるわけではないし 組織球症は遺伝関与が強いものだし一度活性化した遺伝子がおさまるわけでもない。
治らないのはわかってる。
でも 転移や増殖を抑えられることができたら。。と願ってしまう。

効果があるのかないのかわからないけど マイタケDフラクション と鮫軟骨パウダーは続けていこうと思う。
事実 無治療状態で転移らしい転移もなく3ヶ月くらいとどまれたのだから。

麿が自分からご飯を食べてくれるようになったら どこかに旅行へ行こう。
今はまだ食べてはくれないし 貧血もあるからすぐ疲れてしまうみたい。
でも日常の喜びを楽しんでいます。
体は楽みたいだから 喜んで散歩にいくし ぷみまろ を迎えにいこうよ
と催促する。
マンションの入り口玄関まで迎えにいくと ぴょこぴょこ飛んで大喜び。
具合の悪かったときはできなかったことが 以前の元気な時のように
普通にできるようになってる。

もっともっと元気になってくれないかな~。。

ぽてと は ぽてと で避妊手術後 元気もりもり。
大暴れ。。
本当に大丈夫なんかなあ。
うちは昼間はお留守番させてるから 暇になってお腹いじらないか心配で
腹巻きさせてます。
もともと先生が包帯やらガーゼやら巻いてくれてあるからいいんだけど
暴れてとれちゃうしね。
この調子なら今週末には抜糸かな?

miwaku.jpg

スポンサーサイト

テーマ:大型犬と暮らそう - ジャンル:日記

人気Blogランキング←くりっく!くりっく!!

麿さん 抗癌剤投薬後3日目です。

悪性組織球症の抗癌剤はCCNU(ロムスチン)っていってね
副作用は 骨随抑制(白血球や血小板が減る) 肝臓が悪くなる
この2つがメインなんだって。
副作用がでても本人(犬)は苦しい 痛いなどの症状がないから 
症状がでる前に
飼い主が体温をマメにはかったり 心拍数 脈拍で 症状が出る前に気付かないといけないのです。
またちょっとでも変だなって思ったら 病院へ連絡しなくてはいけません。

副作用が出てもわん子の見た目では分かりにくいのだそうです。
そこが普通の抗癌剤とちがうって専門医がいってました。

第一段階の副作用の投薬2~3日後の発熱はなさそうです。
(もともと発熱してるけど 副作用での発熱はぐんと高くなるから分かるって)

さてさて次は第二段階の骨随抑制です。
これは もう少ししないとわかりません。

投薬1回目が副作用が一番強く出やすいから ここが踏ん張りどこですね。
2回目の投薬になるとかなり安心できるそうです。
ただ それは薬の効果があると判断されて 
2回目の投薬が許可されればですが。。

抗癌剤やるにあたっては いろんな方の闘病記録を読ませていただきました。
バーニーズに限ってしまうと やっぱり闘病記録は少なかったです。
緩和療法された方 抗癌剤を最後まで行った方 抗癌剤が途中からできない(やめた)方 いろんな方がいらっしゃいました。
でも そういった方々の情報のおかげで 専門病院に行く前に
いろいろ頭の中で整理できたのは 事実で 本当にありがたかった。
助けられました。
緩和療法でのメリット デメリット
抗癌剤でのメリット デメリット はっきりわかりましたから。
ケアにあたっての自分たちの生活組み立て方やリズムなどは容易に
検討することができたから。
本当にありがとうございました。


ホームドクターの先生が 
麿の状態管理のために新しい検査キットを導入してくれました。
新しい医療機器を導入することが どれほど大変なことかわかるだけに
なんてお礼をいっていいのやらです。
「今後のためにもいい機会かなって思って」
って。
そう先生がいってくれました。

ブログのアクセスをみてると どれだけの方が気にかけてくださってるか
わかって 頭が下がるばかりです。
だからたくさんのわん子とくらす方々のために 
そして一番は 多くのバーニーズと暮らす方々にために記録を残します。

今はね 悲しいとか苦しい気持ちないんです。
結構 考える時間が長かったせいもあるのだけど
「泣ける余裕」っていうのがなくなりました。
そんな暇あったら 楽しいことしてあげなくちゃなのです。
だから少しでも暇があったら
「なんか楽しげなことないかな~ いい場所ないかな~」
なんて思いながら みなさんのブログに訪問させてもらってますよー。
いい情報あったらおしえてねー

今日も ぽてと の肉はたるんでまーす。
niku.jpg

テーマ:大型犬と暮らそう - ジャンル:日記

人気Blogランキング←くりっく!くりっく!!

またまた詳細は くま犬@マンションlife での相方の報告通りです。

結局 専門医はいうには
「真菌(カビ)は普通の培地では はえなくて 特殊な方法で
ちょこっとだけみられることができたけど どんなカビかもわからないような
ものだし とにかくそれほどに微量だから気にするほどでもないかもしれない。
もしかしたらカビではないのかもしれないし。。。
それより抗癌剤をやるのならこれ以上時間かけないほうがいい。
今回のことでは うちのセンターの全スタッフの会議で抗癌剤をすすめるべきと言う結論にもなってるし。。
針の生検では出たってことだったけど 組織ででてこないのだからそれを信用しましょう」
とのことでした。

それって実は 針の生検で検査してくれた先生の方が見間違えたってことか??
って思ったから
やんわりと先生に
「その培養結果みせていただけませんか?」
っていったら
「報告は書面ではこないから 見せられるものがないのです」だって。

。。。。。。。。。。

結果を電話でちょこっと伝えるような検査センターがあるだろうか。。
またそれが専門の機関だったら なおさら。

って思ったけど 今 こんなことでこだわっていても仕方ないので
やめました。

でも ほんとは なんだか納得いかない気持ちでした。

2~3日前から ぷみまろにしきりに
「ねえ これで 実は真菌いませんでしたってなったら 抗癌剤どうしよう
きちんとどうするか決めなくちゃ」
と聞いていたのです。
でも わたしたちの中ではそうなるのはかなりの低い確率だと思っていたから
カビがいたら絶対やらないって決めていたのです。
ぷみまろ も
「呼び出しまでしておいて 
また検査して それでもいるっていうのだから そりゃねーだろー
じゃ この2週間なんだったんだよってなるじゃん」
と言っていた。
そうだよね。。普通なら。

でも その普通がやっぱり普通にはいかなかった。



悪性組織球症が確定されたのなら 今 全てを決めなくてはいけない。
でも どうしてだろう。。
積極的にがんばろう! とも このまま緩和で覚悟を決めよう とも
どちらもこうしたいと強くは思えなかった。
こんなときに なにも思いつかなくて ぷみまろ にそのまま伝えた。
嫌な予感などではなくて 本当に何かが私の中で停止した。
ぷみまろ と今の麿の元気の具合 と それとは反対にひどくなっていく
麿の下痢について話をした。
麿は車にのっても すぐにトイレに行きたがるし
自分でもわかっているのでしょう。。家の中ではトイレの傍から離れない。
あまりに可愛そうに思っていた。
「ごはん」と言う言葉が大嫌いな言葉に変わってしまった。
散歩には行きたがって喜んで家を出るものの 道の分岐で必ず止まって
なにやら考えている。
調子がわるいと 散歩が短くなるコースを選ぶ。

ぷみまろ は 「やろう」と一言いった。

抗癌剤の副作用についてしつこく先生に説明を求め
一過性であることを確認し 薬の効果があれば かなり状態がよくなるということも確認してから また少し時間をもらった。

麿に

「麿 どうする? 今までのお話はきいてたよね。たんぽぽ はどっちでも
いいよ。抗癌剤は飲む薬だから もし麿が嫌なら吐いていいからね。
吐いたら もう飲ませないからね。先生がもう一回飲ませようっていっても
飲ませないからね」

と伝えた。しげしげ と麿は私の顔を見上げる。

おそらく麿は
「あたしは みんなと一緒に居られればそれでいいから どっちでもいいよ」

と言っているような感じだった。
同じ気持ちだったような気がした。

どっちもいい。。。

いい加減だなって思うけど とにかく麿の余生が楽しい事をしてあげられたり
すこしでも快適な時間を過ごせるなら 本当にどっちでもよかった。
でもどっちが長く一緒にいられるかなんてわからない。
長く一緒にいられることができても麿を苦しませるならそれは嫌だ。
笑ってる麿をみていられるけど 一緒にいられる時間が短くなるのも嫌だ。
わがままなのはわかってるんだけど。

麿は抗癌剤を吐かなかった。

がんセンターは 24時間対応ってなってるけど 朝の5時から9時までは
対応してくれない。
だからといって おかしいとなるごとに仕事を休んでいたら
治療費がでなくなってしまう。
だから 朝4時半に起きて 体温 呼吸数 心拍数をはかり
大きな異常があったら 5時になるまえに速攻がんセンターに電話して 
必要があれば病院を開けておいてもらい 麿をがんセンターに預けて 
そのまま仕事に向かうことになっている。
夜は寝る前に また 体温などをはかり 異常があったらすぐにがんセンター。
もしくはホームドクターのところへ行く。
昼間は出来る限り ぷみまろ がお昼に一度帰ってきてくれることになった。
緩和でいくにしても 昼間はなかなか難しい。。だからこの点では
もう割り切るしかない。
ただ相当麿がおかしいのなら ぷみまろが
私の職場に急用ということで電話くれることになっている。
できることをきちんとやってくしかないものね。

強制給仕は毎日2回 一回1時間はかかる。元気はあるから逃げまくり。
下痢が1日 6~7回。
白血球は抗生剤のおかげかな?正常になった。
でも血小板が少なくなってる。
表向きの元気 と 検査結果があまり一致しない。。
大型犬は我慢強いから 相当悪くならないと元気消失まではいかないそうです。
だから 今は相当悪くはないけど そろそろ自分の免疫だけえでは限界が
やって来始めてるのかもしれない。。
そんな状態です。

彼女の選択は私の選択だから。
最後まで彼女とともに寄り添って歩んでいこうと思う。

marororo.jpg

テーマ:大型犬と暮らそう - ジャンル:日記

人気Blogランキング←くりっく!くりっく!!

さあ 頭の中で あのエガちゃんのテーマソングをかけてください。

以下の写真では写っていませんが ぽてと は常にびろんびろんヨダレのつらら をつる下げて また振り回しながら炸裂です。

ベビベビベイビベイビベイベ~♪

ega1.jpg


おれのすべてはー♪

ega2.jpg


おまえのものさー♪

ega3.jpg


ベビベビベイビベイビベイベ~♪

ega4.jpg


ゆめの彼方へ~♪

ega5.jpg


つれさあってくれ~♪


ega6.jpg



ヨダレぶんぶん振り回し 江頭2:50並みのテンションでドッグランに
突入し、ルー大柴並みの慣れ慣れしさで みんなに近づいて
どん引きされてました。
おいかけてヨダレをふきふきしましたが
ボルゾイさんなどのお上品系の集団マダムたちには
嫌な顔されちゃいました。。。。
お汚れになっちゃいますもんね。。すんまそんでした。
犬同士はどーでもいいみたいだけどね。

たしかに あたしでも あのヨダレは引くもんなあー。。。

でも楽しかったみたいでよかった。
ほんとは姉妹のパピちんに会いにいきたいんだけど 車での長丁場は
現在 下痢Pの麿にはきつもんね。。
でも きっとこのテンションにつきあってくれるのは 姉妹のパピコと
さっちゃんちのサワラくらいだろうなあ と思う。。

まだまだパピーのぽてとです。


そして ちょこっとご報告。

麿さんは 珍しくちょこっと走りました。びっくり。
なのはいいのですがー
先週 がんセンターからお呼出がかかりました。
なので いってきたのです。
先々週に 抗癌剤治療を開始する前に検査ということで
ぐりぐり腫瘤が出来てるリンパ節をとって検査したのです。
がんセンター と 北海道の検査センターの2カ所で同じものを検査。
同じものを検査したはずだから 同じ結果でないとおかしいのですが。。。
専門医の先生がおっしゃるには
「北海道の病理先生は真菌(カビ)なんかいないっていうし こっちの病理の先生はいるっていうのですよ。。。」って。
お腹の腫瘤も北海道の先生は真菌なんかのせいじゃない!
組織球性肉腫だと診断されたそうです。
あああ のがれられなかったかと。。がっくし。
でも ここで真菌の存在が確実になると それもまた微妙になるのかもしれない。
そんなわけで またまたリンパ節とられました。
こんどはなんともないとこからも。

北海道の病理の先生が組織球性肉腫と言うのだから抗癌剤をしたいのだけど
真菌がいると いくら抗癌剤と抗真菌剤を同時投与しても かなりリスクが
あがるって言われました。
抗癌剤で免疫力がほぼゼロになるわけだし その間本当に薬だけで真菌の増殖を抑えられるのかわからないし。。
素人考えだけど 真菌って普通の菌とちがってやっっつけるのにすごく時間がかかるもの。水虫一つだって何ヶ月もかかるんだもん。
全身にまわってたら そりゃどのくらいかかるかわかんない。
ホームドクターだってそういってたもん。
かなり前から抗真菌剤の投与してて 薬がきいててだいぶ良くなってから
抗癌剤ならわかるけど 同時なんて。。
組織球肉腫なら時間がないのはわかるんです。
そんな甘いもんじゃない。抗癌剤やっても余命平均3ヶ月。
でも 真菌いたらこわくて抗癌剤なんてできないよー。
ほんとに大バクチだもん。
ただでさえ 普通の抗癌剤よりは副作用あるみたいなんだから。。
専門医の先生は しきりに真菌が確定しても抗癌剤と抗真菌剤の同時投与しましょうか?と勧めます。
でもリスクはかなりあがるともいってたし 他の先生たちとも悩んだともいってたし 今までそういうケースはなかったそうです。
おいおいおいおいです。

麿の具合が悪くなって もう3ヶ月になる。
具合は多少良くなってたりもするけど 悪くはなってない。
下痢と食欲低下以外はね。
小腸にできてる腫瘍だから 腸閉塞がすぐにやってくるだろうとホームドクターも私たちもビクビクしていたけど まだやってこない。

真菌ほんとにいるんだろうか。。
北海道の先生もがんセンターの先生も いない! いる! とがんばってるみたいです。同じものみてるはずなのにね。。
もし 真菌いませんでした 見間違えでしたってなったら 
この2週間なんだったんだろう。。だし 
いたらいたで 抗癌剤なんかできないし。。

はっきりするのは あさってです。

はあ~。。。

なるようにしかならないんだろうな~。。
とにかく 今はどうやって麿と楽しい時間を過ごすかだけを考えます。




テーマ:大型犬と暮らそう - ジャンル:日記

人気Blogランキング←くりっく!くりっく!!



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2006 たんぽぽと君の踵, All rights reserved.










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。