admin admin List
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気Blogランキング←くりっく!くりっく!!

詳細は ぷみまろの くま犬@マンションlife での報告通りです。

専門医の話をきき 最新の情報によれば
現在 悪性組織球症には ロムスチンという抗癌剤が一番効果があるとのこと。
しかしこれはかなり毒性もあるらしく きちんとした投与法をしないと
その副作用で亡くなってしまうのも事実。
やはり専門医でないと取り扱いは向かない薬らしいけど
大学病院などでは専門医でない先生もあつかってるらしい。
専門医の指導している方法を守って投薬をきちんと行えば 
平均3ヶ月の延命が可能。
抗癌剤の副作用も一時的となり かなりの寛解が見込める。
抗癌剤の反応(効果あり)率はかなりの高確率となっている。
(まだ先生がまとめてる未発表データだから載せられないけど。。)

このまま緩和でいこうか。。と思っていた私たちには思いもよらないことだった。
緩和療法のみで行っていけば やっぱり良くても麿の状況は現状維持だし
今の麿の体調では麿の好きな事(キャンプやお出かけ)ができる状況ではない。
まして今は「食べる」ということすらストレスになってしまってる。
そしてなにより数週間~数ヶ月の余命。
いつ急変してもあたりまえとなるわけです。

化学療法で寛解すれば 麿は旅行にもいけるかもしれないし なにより
今の状態よりは明らかに良くなる。いつか抗癌剤もきかなくなる日はやってくるけど 一時でも麿が体が楽になって楽しいと思える日がくるのなら
その方が麿の余生を有意義なものにしてあげられるかなって思った。
いい状態になることが高い確率なものなのに 目をつぶることができない。
緩和療法はもう抗癌剤がきかない 
または使えないとなってからでも遅くはない。

針治療もみんなにしらべてもらったりもして 病院に電話したけど
「悪性組織球症はふつうの癌とは違う。腫瘍ではないし もっと複雑なものだから 鍼で悪化させてしまうこともあるから 他の方法で痛みや苦痛を和らげてあげる方がいいかもしれません」と言われてもいた。
それでもできるだけって思っていたから 所沢の病院を出たら そっちの病院に行こうって思っていたのです。
でも 専門医からの最新情報をきいて 私たちの中で最良の選択が変わった。

でもなぜだろう。
そう頭ではわかっていても 
なにかとてつもなくいけない選択をした気分だった。
不安材料はいっぱいあるから不安なのはあたりまえ。
でも不安というより 間違ってる選択をしてる気がした。
すごく怖くなってしまい
ぷみまろに
「本当にこれでよかったんだろうか。。なんだかすごく嫌な感じがする」
と伝えた。
ぷみまろ は
「何が不安??でもたんぽぽがそういうこと言う時は必ず何かあるから 検査やるだけやったら投薬ストップかけようか?」
と言ってくれた。
それも なんだか悲しくなった。
私のわけのわかんない予感で せっかくの麿のチャンスを逃す事もつらかった。化学療法は今となってはやめたくない。。
でも何かが怖い。何かが私を責める。
それを言葉にして説明しろといわれても できなくて泣いてしまった。
ぷみまろ も釈然としない様子だったけど 何か悩んでいた。

そんな時間を過ごしていたら 病院からすぐ来て欲しいとのこと。
私はビクビクだったけど ぷみまろは やっぱりか。。。
という感じで落ち着いていた。

そしてカビの話。
専門医の
「このままこのカビに気づかないで 抗癌剤投与してたら 確実に麿ちゃん
 亡くなってました」
という言葉をきいて ほっとした。

でも悪性組織球症の確率が全て消えたわけではない。
今回の悪性組織球症が本当にあるかも含め再確認することと
この麿の体を蝕んでるカビがなんなのか を調べないと薬も決まらない。
どちらも非常に時間を要する。。
その間 どうしたらいいんだ。。と また悲しくなる。

悪性組織球症かどうなのか確認にためには
一度出した標本をオーストラリアから返してもらわなきゃならない。
帰ってきたら先生が再検査。
カビも専門研究所におくって 同定にはいる。
その結果で薬がでる。

もし本当に悪性組織球症だったら 時間ないのに。。
どうして。。と思うけど どうにもならない。
今まで 何度もホームドクターの先生に言い続けてきた。
「本当に悪性なのか?! 悪性なら無治療状態でこんなゆっくりじゃないはず。
 2ヶ月いや3ヶ月たっても今だに臓器内転移もない。ただただリンパが腫瘤状にはれてるだけなんて」
先生もようやく 「たしかに。。。」と耳を傾けてくれた。
カビが全身にまわってしまうほどの腫瘍による免疫低下を起こすのなら 転移をおさえるだけの免疫力もないし そんな状態ならもう末期となるんではないか。。
いろいろ思うけど まったく安心もできない。
もしかしたら とも考えるけど もう期待はしたくない。
それが壊れた時が怖いから。

麿の状態が今より悪くならないかビクビクしながらの生活です。

麿。。つらいよね。。体 しんどいよね。。なんとかしてあげたいけど
今は何もできない。。だって わかんないんだもん。

でも 今は麿は 散歩とぷみまろ が帰ってきた時だけは ちょっと元気です。




sahpo1.jpg

honnto2.jpg

ato3.jpg

matteru4.jpg

nattoku5.jpg

スポンサーサイト

テーマ:大型犬と暮らそう - ジャンル:日記

人気Blogランキング←くりっく!くりっく!!

さっちゃんから 動物の針治療があると聞いた。

完治は望めないまでも 針治療で余生を楽に過ごすことができるらしい。

動物鍼灸師は日本に3人しかいない。

と いうわけで 探しまくりました。
そして 東京品川にいらっしゃることが判明。
病院の詳細もゲットできて 早速電話。。

「現在つかわれておりません」

だった。。。。

あとは愛知県にいらっしゃるようだけど さすがに出張できてもらうにも
難しさを感じる。

専門病院に行く前に 鍼治療のことをよく知っておきたかったんだけど。。

どなたか ご経験のある方 また 詳しいことを知ってらっしゃる方
いっらしゃいませんか?

テーマ:大型犬と暮らそう - ジャンル:日記

人気Blogランキング←くりっく!くりっく!!

今日 麿と同じ病気で 最愛の家族を亡くした経験を持ったご夫婦に出会った。
その昔 まだ 麿が病気でない頃
私は「癌」となってしまった 言葉なきパートナーや家族を失った方々の
ブログや記録をみて 何度も涙していた。
それは その頃は本当のつらさを真から理解できないまでも
自分の身に そのつらさを置き換えられることが容易にできたから。
想像するだけでも つらいことだった。

ここに訪れてくれる方々もきっとみんな同じで、なんなら本当にそのつらさと
向き合ってきた方々もいらっしゃる。

闘病記録をこうやって載せていくことで 自分に対して冷静になれる部分もあるし 考え直せることもあるし
あたたかいみなさんからの励ましはもちろん癒しや喝をいれてくれることもある。
そして もう一つ
今 流行だから テレビでみてかわいかったから でバーニーズと暮らす人が
増えているそうです。
私もそこまで簡単ではないけど 確かに詳しい知識なんてないままに
バーニーズの麿と暮らし始めた。
でも バーニーズと暮らすということは それなりの覚悟がいる事。
バーニーズに限らないかな。
大型犬はどうしても短命傾向で 介護も大変だということ。
それを知った上で 犬と暮らしてほしいという願いにもなってきた。
私もこの間 多くの方々の闘病記録で教えられたし 私が短い時間で
冷静に考えられるきっかけとなってくれたから
私も記録として残そうと思ったのです。

闘病経験のある方々には 私のブログは過去を思い出せて つらい気持ちにさせてしまってるかもしれない。
犬と暮らしてる方々には 恐怖を与えてしまってるかもしれない。
それでも みんなみんな私たちを支えてくれてる。
ぷみまろ と 私のブログには そんなあったかい人たちが見守りに来てくれてるんです。

ぷみまろ は麿との出会いの中で いろいろ変わっていった。
2人の関係性は 私には深くはわからないけど
彼 と 彼女の間には 深い信頼関係があるのは事実で
今回のことで 彼は多くを語らないけど 私とはまた別の思いがあると
思う。
自分が変われて よかったー だけでは片付けられてはいない。
自分が変われた けど その分だけ彼は今 心がちぎれそうな思いをしている。
そんな思いを他人に理解して欲しいと 彼は全く思っていないだろうけど
そんな大切な存在を失う痛みをせめて推測だけでも また想像だけでもできるのが人間ではないだろうか。


ここに来てくれている あたたかい方々が 少しでも不快に思うような
コメントがあったら 私のブログの方だけでも削除にかかりたいと思う。

そう これは ひとりごと。


テーマ:大型犬と暮らそう - ジャンル:日記

人気Blogランキング←くりっく!くりっく!!

昨日の告知以来 ずっと悩んでいた。
ぐずぐずと。

ずっと取り残しの卵巣があったから それがずっと炎症を起こしてたっていってたからそれが起因??とか
お腹あけないとどこに卵巣があるかわかんないから お腹開けて探すしかないと言われたときに なぜそれでも と思いきって手術しなかったのか とか
なぜ一回目の組織検査わからなかった?とか
なぜ あの時強引にでもCTをとってもらわなかったんだろうとか
はっきりわからなかったばかりに1ヶ月も放置してしまった とか
あとどのくらい麿といられるのか?とか
腫瘍専門病院は平日しかやってない。そうポンポン休みがとれるわけでもない。
どうやって行く日をつくろうか。。 とか
共働きでは 犬と暮らしてはいけないの? とか

本当に様々なことが ぐるぐるしていた。

朝 早くに目がさめてしまって コメントを拝見しました。
何度も何度も読みかえしてたのです。

そしたら目がさめた。

朝一番にホームドクターに電話をし どんなことをしてでも
専門病院の予約を早急にとってほしいとお願いした。
私の方は当直をすれば次の日は朝からオフになる。
だったら 他の人の当番をもらえばいい。
それなら休みをとらなくても病院にいけるから。
ぐずぐず 過去を見つめかえしても仕方ない。

正直 昨日までは抗がん剤治療を悩んでいた。
いろいろホームドクターと話をしていて 先生もいろいろ情報集めしてくれて
悪性組織球症に比較的有効な抗がん剤がどれほど毒性が強いか
教えてくれた。 日本では未発売のもの。
腫瘍専門医でなくては 扱えないとのこと。
いろいろ考えれば 麿にとってそれが本当に幸せなのか?とも思っていたから
躊躇したけど
でも とにかく専門医にいろいろ聞かないことには始まらない。
そこで考えればいい。

この間の先生ではなく今度は違う専門医が担当になってくれる。
だから あたしもいつまでもぐずぐずいってられない。
一番つらいのは麿。私たちをおいて一人で逝きたくないのも麿。
だから 私は出来る限りのサポートをしていく。
私の最高の親友まそしてなにより家族だから。

今日からどんなにおそくてもぷみまろ と たんぽぽ と 麿で
散歩にいくことにした。
一番喜ぶから。
麿と2人だと うん○済ますとすぐユーターンで家に帰りたがるしね。
これは ぷみまろは麿と2人でもそうなんだって。

それにしても ぽてと。
本当にビビリです。
ベランダが怖いの。
麿は うざいぽてと がこないから 快適みたいです。

berannda1.jpg

beranda3.jpg

テーマ:大型犬と暮らそう - ジャンル:日記

人気Blogランキング←くりっく!くりっく!!

今日 病院にいったのだけど 結果はでていなくて
麿は抜糸だけで帰ってきた。

夕方(夜)先生から電話があった。

「率直に診断名をお話した方がいいですよね。バーニーズ飼ってらっしゃる方ならその方が早いから。。」

ここまでで なんといわれるか もう理解ができた。

バーニーズの遺伝性疾患とも言われる

「悪性組織球症」

だった。

もう腫瘍専門医の力を借りるしかない。

いろんな思いが今めぐっていてどうしていいのかさえわかならない。

悲しいのかあきらめてるのか悔しいのか面倒なのか

何がなんだかわからない。

テーマ:大型犬と暮らそう - ジャンル:日記

人気Blogランキング←くりっく!くりっく!!

私は今日 大きな失敗をした。
強制給餌中に麿を吐かせてしまったのです。
かなり焦りました。
頭の中で ぐるぐると。
「膵臓のとこにある腫瘍がでかくなって胃を圧迫?!」とか
「とうとう小腸閉塞?!』とか。
あわてて病院に電話してしまったけど
結局 夕ご飯を食べさせてみたら大丈夫だった。
原因は強制給餌中に麿が水をがぶ飲みして 胃がパンパンになってしまったのに
私が無理に食べさせていたからです。
夕ご飯の時 食べ終わるまで一切お水をあげなかったら 大丈夫だった。
ほっとした。。
麿のストレス軽減のためにも なるべくドライが少なくすむように考えているのです。
今やもう缶詰フードも口にしなくなった麿。
焼いた鶏肝や卵焼きは自分で食べてくれるから そんなようなものを
多めにしてドライを減らすようにしてます。
なかなか大変なものです。

今日は 部屋が広いのです。
ほら

idou0.jpg


何かがない。
そうなのです。ぽてと のゲージを撤去しましたー。

idou1.jpg


明日から ぽてと は 麿と自由にお留守番ですね。
今までゲージの中だったけど ゲージの中だと トイレ我慢してたみたい
なのです。
ゲージ内のトイレ未使用だったから。
小さい頃は使用済みトイレの上で寝てた癖に。。

朝8時半から夜の7時くらいまで 我慢してたんだろうなあと。
せつなくなっちゃった。
なので お試しお留守番で まあ 大丈夫でしょう となったので
撤去です。
なにもおこらないといいけどなあ。。。うーむ。。

明日はホームドクターさんは休診だからどうしようかと悩んでる。
そうです。
麿の2度目の病理組織検査の結果がでてるはずだから。
電話したら先生居そうだけど。。。
水曜日にいくし。。どうしようか と悩んでるのです。
早く知りたいけど 知ったところで治療をすぐ開始できるわけでないし。
とっても複雑です。

一度目の病理組織の検査結果をアップしました。


kekka1.jpg

kekka2.jpg


この結果と違う結果が出たら どういうことなんだろう。。
今回は腫瘍の中心部もとれたから。。って先生いってたけど。。
え?前回 とれなかったの?  って思ったのも事実。

この結果はようするにブツの外側をとったものらしい。
悪性腫瘍なら壊死っていうのはブツの中心(内の方)にあるはずだと
いうことなんです。
うーむむむむむ。。わからん。

次回は 2度目の結果をアップすることになりますね。

今から緊張です。

テーマ:大型犬と暮らそう - ジャンル:日記

人気Blogランキング←くりっく!くりっく!!

うちでは すでに ぽてと を野放し状態です。
麿の様態次第では 留守中 リビングに閉じ込めようか。。とも
思ってはいますが 基本的には野放し。。
最近 毎朝 ブルーな出来事は 
ぽてと は 自分のうん○くん だけでは飽き足らず
麿 のまで おいしく頂いてるようです。。。
最低。。
でも このバキュームぽてと 役に立ってることもあるのです。
麿の強制給餌のとき 麿は なんとか口からだそうと
ぽろぽろ と口から出します。
そんな時!! バキュームぽてと がお部屋を掃除!
ダイソン並みの吸引力で お部屋をきれいにしてくれます。
daison.jpg


この間までの偏食は嘘の用です。。何でも食っちゃいます。

今日の朝の麿のお熱は 38.3度 
驚きです。
朝っぱらから ぷみまろ のストーカーをしているから
ずいぶん元気だなあと 思いつつ 熱をはかってみたらびっくりです。
あんまり動き回るから 「必殺たんぽぽ腹巻きガード」を
麿の避妊手術以来作成しました。
作成っていったって ちょきちょき切るだけ。
これが なかなか優れもので ズレないし それなりに通気はいいし
なにより嫌がらないので。。
どこでもいいのですが 紳士下着売り場に腹巻きがあるので
それを購入。かなりのびるのでサイズはMで。
(Lでもよかったかな)
そしてお写真のように ちょきちょき と適当にきります。
そーすると できあがり~
(ちなみに素材は綿リブがいいですよ)
小型犬だったら女性用でもいいかもだけど 女性用見た目だけで
あまり伸縮がよくなかったんです。長さもないし。お高いしー
お腹の手術後や お腹のかゆかゆ にはおすすめですよ。

haramaki.jpg


麿は前のような食いしん坊ぶりは 戻らずです。
というか 好きなものは がっつがつだし 催促もすごいけど
ドライフードはどうしてもだめなようです。
他のものをいろいろほしがるとこを見ると おそらくわがまま??
ただ量が食べられないのかなって思っていたのですが 違うようです。
嫌なんですね。。
なので ドライフードは、どうしても強制給餌です。。とほほほほ。
これで 貧血もなくて熱もなくて 元気なら食べるまでほっとくとこなのに。
今はそうもいきません。
初日におやつ代わりに新しいフードあげたり 缶詰あげてたりしたからかな。
昨日はうん○くん ゆるゆる。
回数も多いし。。
これでは 腸の調子がいいのか悪いのかわからないので
昨日の夜から 新しいフードを減らして ドライフードオンリーに
してみた。
今のとこ 昨日ほどの回数は うん○くん してません。

麿の元気とともに 大変になったこともあります。
強制給餌が大変です。
逃げるスピードはアップしてるし 抵抗もすごい。
なかなか難しいです。

oichii.jpg


それでも 今の状態より悪くならなければ 万歳です。


asane.jpg

テーマ:大型犬と暮らそう - ジャンル:日記

人気Blogランキング←くりっく!くりっく!!

oshirasa.jpg


と言う事で 麿が退院することができました。
昨日病院にいったときは 調子はいいけど。。。帰すのは不安。。という
先生の表情でしたが、今日はまあ その方が麿ちゃんの精神面にいいだろう
ということになりました。
具合が悪ければ 帰りたがらない麿 今はとても帰りたがって元気いっぱい。
そんな麿が入院してることでストレスをためないように という先生の配慮です。
が。。。。点滴ラインは確保したまま。いつ急変してもおかしくない。
そういうことらしいのです。

tennteki.jpg


おなかの中の癒着のひどさ 出血の度合い 
先生としては 全身状態がいいからといって油断できないといった見解です。
私としても帰ってきてくれて嬉しい反面 緊張です。
ぽてと が点滴ラインに興味もってるし 麿もすきあらば。。。だし。
今 私が夏休みだから見張れるということもあって退院許可された
わけだし 責任重大です。

pumiha.jpg


そんな私をよそに麿は ぷみまろ をとてもまっている。
玄関にいったり 物音に敏感に反応したり。。
なので ぷみまろ に早くかえってこーい のメールをした。
そしたら いつもより2時間早く帰ってきた。
その後は麿は ぷみまろ にべったり。


ribing.jpg


麿は帰ってきてから 寝室にいかない。
ぽてと がうざくても 眠くても リビングにいたいようです。
人の声 や テレビの声 にぎやかな中で ぼけっとしてるのが
気持ちいいようです。

今日はキッチンまでやってきて 
「なにか 食べたいの 」 とやってきた。
ここまで催促しにきてくれるのは 何ヶ月ぶりだろう。。。
うれしくて チーカマ やら ハムやらあげていた。
そのせいか 食欲増進されたみたいで 
今日は すごい勢いで自分でご飯を食べた。
ドライフードに 療養食の中でもとても麿が好きな缶詰を混ぜてあげた。
今までのドライフードは嫌がったけれど 試食として買った
ネイチャーバラ○○ティーの穀物不使用のミートフードを喜んで
おやつかわりに食べていた。
今後のことも考えて 穀物不使用のフードにかえようと思っていたから。
お高いけど ドライフードに軽く混ぜるくらいで使うならと ネイチャーの
缶詰も買った。(あー 麿ちゃん贅沢。。。)
またワンゲル係数があがってしまうけど 麿のためだもんね。

悪性リンパ腫の可能性大といわれてたくさん買ったサプリのマイタケエキスを
飲ませはじめた。アメリカでは制癌作用と抗がん作用が認められて
医療現場でも使用されているとのこと。
もっとも効果のある Dーフラクション をネットで購入。
直輸入で購入するとリーズナブルなのです。
なんだか あたしやっぱり健康オタクになってきてるかもです。。。


なんといわれても 麿 たんぽぽ頑張るからね。

bucya.jpg

テーマ:大型犬と暮らそう - ジャンル:日記

人気Blogランキング←くりっく!くりっく!!

今日も麿のお見舞い。

今日は病院は休診日。でもお見舞い家族のために先生は来てくれている。
入院してる患畜のお世話もあるのだとは思うけど
ありがたいことです。
今日 到着するなり麿は私のバックに顔を突っ込む。
「今日はなにもってきてくれたの?」と。
クッキーをあげたら バリバリ食べる。
もっともっととせがむ。
朝残した ドックフードがおいてあったので 「食べる?」と
差し出すと 食べ始めた。
好きなもの以外はまだ渋々だけど 食べるようになってきた。
好きなものは 催促するする。
そんな 麿にびっくりしていたら 先生が
「今日 朝 熱はかったら 38,6度なんですよ。。平熱。。。」
と教えてくてた。

今までステロイドを使おうが 鎮痛剤を使おうが
平熱にもどったことなどなかった。
貧血ならば熱は下がるはずなのに それでも高かった。
まして今は手術後。。。
なぜだろう。。
そして麿は元気いっぱい。散歩に行こうと飛び跳ねようとする。
びっくりした。
散歩からかえってきたら 病室には戻らず 車に乗りたがった。
麿は具合が悪い間は病院にいなくてはいけない ここにいれば楽になる
と思ってるから 具合が悪いと病院から帰りたがらない。
でも 今日はしつこく帰りたがった。
本当に調子がいいんだと思う。

昨日 先生に点滴を入れてもらうとき おとなしく そっと前足を差し出す麿。
押さえ込まれなくても おとなしく点滴ラインを入れてもらっていた。
先生に 押さえてましょうか? というと
「いや 大丈夫なんです。 麿ちゃん動かないでいてくれるから」
と。。。
点滴をすると楽になるとわかっているようだった。
そんな 麿が今日は絶好調。。


うれしくて ぷみまろにメールして携帯で撮ったムービーを送った。

麿のおなかの中の状況と麿の全身状態は反比例している。
このまま上向きになってくれたら と願っているのです。


kaeritai1.jpg

kaeritai2.jpg

テーマ:大型犬と暮らそう - ジャンル:日記

人気Blogランキング←くりっく!くりっく!!

今日も麿のところへいく。

結局 また検査のための試験開腹みたいになっちゃったから
早く退院はできるみたいなのです。
おそらく今日かあさってには。。。

今日から1週間は前もってとっていた夏休みだから ずっと麿といられる。

でも 結果がでるのは来週。。。
複雑な気持ちで待たなければいけないと思う。
もっと早くに検査できないもんなのか と真剣に思う。
何度 こんな思いをさせられたら 麿は元気になるのだろう。


夕方 おちついた頃に麿のところにいこうと思う。


こうして 家にいると どうしても ぽてと 観察になる。
ぽてと は前からテレビッこ だと ぷみまろ がいっていた。
ぷみまろ は私より約1時間 おそくに家を出るので
ぽてと がなにしてるかよくわかっているのです。
その
1時間 いつでも テレビをみているといっていた。
その様子を目の当たりにした。
ちょこっとみてるのではなくて かなり真剣。。。

terevikko1.jpg


unnse-3.jpg


ある程度 真剣にみてるとおもったら いつのまにか。。。

nemukunatta4.jpg


午前中のテレビって こんななんだね。。

kotsuniku.jpg


本当なら元気になった麿にもここにいてほしかったなあって思う。
ぽてと がいなかったら きっと 私たちはまともに生活できてたかなと
本当に思う。
ぽてと がいても 頭の中は麿のことでいっぱいだから。

今 ぽてと は 本格的に眠っています。
眠りを妨げるのはよくないから 今 あまり家事できないなあ
うーむ。。。
あたしもねちゃおっかな。。。

テーマ:大型犬と暮らそう - ジャンル:日記

人気Blogランキング←くりっく!くりっく!!

長くアップしてませんでした。
麿に手をかけていたのもあるし 仕事も忙しかったのもあるし
何よりなんだか もっとちゃんとした明確な報告をみなさんに
したかったから。

これまでの経過からまず。。。

「これから」 のブログ の後ステロイド治療を始めたんです。
ステロイド治療には2通りあって
炎症を止める程度の薬の量から始めるか
がっちり免疫抑制をかけるような量で最初からがんがんいくか。

副作用のことを考え まずは前者から初めて 経過をみて必要があれば
量を増やす そして小さくなったところで完全に外科的に切除と
方針を決めていました。

が しかし
1週間薬を飲ませて 再検査。
おなかの肉芽腫を超音波で検査したらお水らしきものが溜まり
3倍くらいのでかさになっていた。
なので ひとまず薬を増やそうとなって 血液検査をしたら
貧血になってる。。。
つまり出血しているわけで お水らしきものは血液であろうとなった。
薬をふやして 経過観察 というのも非常に危険になってきた。
おなかの中で破裂。。。となったら。。。

そして仕方なく本日手術だったわけです。
ある程度の腸の切除を覚悟して。
麿の手術中 私とぷみまろ は時間をつぶしていた。
そのうちに電話がなった。
急いで病院へ。

先生がいうには
「増えてます。。。膵臓付近に一個 もう一個はもしかすると前のところと
同じものとつながってるとは思うけど もしかするともう一個という感じ。
膵臓付近のものはどうしても場所的にとれないんですが もう一個はも全部切除となると小腸の半分 大腸の一部 もとることになってしまう。
そうなると かなり麿ちゃんの生活の質は落ちます。
もし これが悪性だとしたらもう余命はわずかですから そのあたりで
どう考えるかということになります」
とのことだった。

え?え?え? なになに????????
どうゆうことなの????

麿のおなかを開けたまま 私たちの答えを待ってる。
いろんなことが頭を交差するけど
全部とれないのなら そこまで 麿を苦しめて腸をとる必要はない。
なので 組織診断のための一部切除にしてもらった。
だって 今さら悪性かもって。 それ なんだよ。
ステロイドを投与することで 免疫を落としていたのだから
これが 悪性だったら 私たちが今までしてきたことは 腫瘍の成長を
助けたことになるんだもの。。

答えを先生に告げたあと
冷静に考えた。
ブリーダーさんからもいわれたけど 悪性のもので症状がでた場合
抗がん剤やなにかしら腫瘍抑制の治療しなければ 4週間で他界。
ながくても 8週間といわれていた。
悪性を経験していた方々のブログをみても 同じ。
麿は退院してから調子よくなっていた。
熱があがれば たしかに足も痛がったし 食欲も落ちたけど
好物はほしがるほどだった。
熱が落ち着いてくると 自分でドライフードも食べるようになっていたし
ぽてと のご飯をほしがった。足も調子よかった。
すべては熱で左右されていた。

もちろん嘔吐 下痢 もない。
血液検査でも 貧血と炎症反応意外は問題ない。

なぜ??? 悪性ってそんなほっといても大丈夫なもん??

先生はしきりに
「下痢とかしてませんか? 嘔吐は?」ときいてくる。
でも全くないから。。

私は
「悪性だとして ガンによる炎症が起きるほどだったら ほかの臓器に転移すると思うし なにより 専門医にみせても 考えにくいとまでいわれて信じていたのに。。。手術前でステロイドを飲まなくなってからは たしかに熱がでて
元気なかったけど 好物は食べたがったし とにかく熱がさがると いつもの麿に戻ってくる。ガンってそんなもんなのか?
膵臓付近にできてたってことも 前もあったけど小さかったから気づけなかったというのもあるのだろうし。。。
いくら余命が。。とかいわれても今ひとつ納得できない」

先生も正直 頭を抱えていた。
腫瘍を否定できない。。けど 
腫瘍だとしたら ここまででっかくなって 増えていて
麿が下痢も嘔吐もしてないのは不自然らしい。

とにもかくにも 来週の頭にでる今回の組織検査の結果待ちとなってしまったけど どちらにしても もう外科的にはすべての摘出は不可能となった。
また肉芽腫という結果だったら 
次回は ステロイド治療を本格的にするしかない。
副作用などとは もういってはいられない。
悪性であったら もう手はない。まして リンパ腫はとても考えにくいらしい。
リンパ腫だったら 麿の今の状態には矛盾があるから。
症状がでてから 腫瘍としての治療は何もしてなくて2ヶ月はたつけど 
麿の全身状態は悪くもよくもならない。

なにがなんだか わからなくなってきてしまった。

でも苛立ってしまう。
2度目の手術なのに結局なにもできず また検査。
もし これで悪性でした といわれたら 私たちはどう感じるんだろう。
ショックなのは想像つくけど それ以外のいろんな気持ちがでてきてしまう。
やっぱり 悪性という結果だったら それはいろんな意味で納得できない。


だから悪性だとしたら リンパではない他のものになるから。
そしたらもう手はない。

神様にいじめられてる気分です。

ne-cya.jpg

テーマ:大型犬と暮らそう - ジャンル:日記

人気Blogランキング←くりっく!くりっく!!



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2006 たんぽぽと君の踵, All rights reserved.










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。